歩行と臀筋の重要性

あすか鍼灸接骨院

03-5961-3121

〒114-0024 東京都北区西ケ原2-33-15 グランジャハイツ101

[ 診療時間 ] 平日 9:30~12:30・16:00~21:00 / 土曜 9:00~15:00(昼休みなし)
[ 定休日 ] 日曜、祝日

lv

歩行と臀筋の重要性

ブログ

2017/12/21 歩行と臀筋の重要性

東京都北区のあすか鍼灸接骨院院長重村です。

 

当院のブログを見ていただきありがとうございます。

 

 

お尻の筋肉は実は重要な役割を果たしています。

 

歩行や運動のパフォーマンス、美しいボディーづくり、

 

転倒予防のため、老若男女問わず鍛えておきたい筋肉の一つです。

 

まずは臀筋の解説をコピペで(笑)

 

 

 

daidenkin

大臀筋

大殿筋は生理学的断面積が大きな筋で,この筋だけで殿部の大部分を締めます。

主な作用は股関節の伸展です。腹臥位での股関節伸展や体幹屈曲位での姿勢保持では強力に働きますが,静止立位では股関節は伸展位で安定しているためあまり活動しません。股関節の外転では大殿筋の下部線維,内転では大殿筋の上部線維が作用します。大殿筋は歩行の遊脚後期や立脚初期に主に活動します。

作用:股関節伸展,股関節外旋,股関節外転,股関節内転

 

中臀筋

中殿筋は大殿筋より深部にある筋です。

主な作用は股関節の外転です。しかし,股関節の屈曲位では股関節の内旋に作用して,股関節の外転には作用しないことが知られています。また,股関節伸展位では前部線維および中部線維が股関節の内旋,後部線維が股関節の外旋に作用します。

作用:股関節外転,股関節内旋,股関節外旋

 

小臀筋

小殿筋は中殿筋よりもさらに深部にあり,中殿筋と比べると生理学的断面積の小さな筋です。

主な作用は股関節の外転です。中殿筋とともに強力な股関節外転筋として作用します。股関節伸展位では小殿筋の前部線維が股関節内旋,後部線維が股関節外旋に作用します。中殿筋と同様に,股関節屈曲時には股関節の内旋作用が主体となり,股関節外転作用は減少します。

作用:股関節外転,股関節内旋,股関節外旋

 

 

この3つの殿筋は,歩行などの動作に関わる重要な筋群です。

 

いずれの筋も生理的断面積が大きく,筋力低下をきたした場合はトレーニングの対象になることが多いです。

 

特に,中殿筋と小殿筋は股関節屈曲位で伸展位と全く違う動きをします。

 

その動きの中で効率よく臀筋群を使うのがとても重要になってきます。

 

 

トレンデンブルグ歩行

股関節外転筋力の低下で、軸足側とは反対側の骨盤が下がる症状です。

 

デュシェンヌ歩行

股関節外転筋力低下により骨盤が下がるのを防ぐ為に体幹を軸足側に傾ける症状。(代償作用)

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

 

この2つの歩行は股関節外転筋の機能低下から起こります。

 

骨盤が傾けば、その分歩く時に前に出す脚は高く引き上げないといけませんし、

 

体を横に倒すと一度に大きな体重移動が起こる為、不安定になります。

 

つまり中臀筋・小殿筋の運動機能が低下することで、歩く時に脚を前に出す際、

 

骨盤が安定しないためにこのような現象が起こります。

 

デュシェンヌ歩行は代償行為なので、腰方形筋内転筋群の機能が亢進することでも起こってきます。

 

 

Know no Limit  ~回復に限界はない~

Know no Limit  ~回復に限界はない~

 

 

つまり歩行は股関節周りを含めた体幹の安定性がある事によって、

 

適切な動きになっていきます。

 

この辺は下位交差性症候群や発火率なんかも絡んできますので

 

気になる方はぜひご相談ください。

【関連ブログ】

筋肉の発火率ってしってますか?

反り腰の原因は下位交差性症候群?

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e7%94%a8100%e9%81%b8%e3%83%ad%e3%82%b4

☎03-5961-3121

あすか鍼灸接骨院

交通事故・労災・各種保険取扱い

酸素カプセル・筋膜調整・発火頻度調整・骨盤矯正

交通事故治療・むち打ち

その他、疑問などあればお気軽にご相談ください

当院には北区以外にも豊島区・文京区・板橋区・新宿区・台東区・足立区・川口市・戸田市・蕨市・和光市など近隣から通われる方も多数いらっしゃいます。

南北線西ヶ原から徒歩3分

JR京浜東北線王子駅から徒歩7分

コミュニティバス一里塚バス停から徒歩30秒

お気軽にお越しください。

TOP