健康のために運動を始めたのに逆効果の場合って?

あすか鍼灸接骨院

03-5961-3121

〒114-0024 東京都北区西ケ原2-33-15 グランジャハイツ101

[ 診療時間 ] 平日 9:30~12:30・16:00~21:00 / 土曜 9:00~15:00(昼休みなし)
[ 定休日 ] 日曜、祝日

lv

健康のために運動を始めたのに逆効果の場合って?

ブログ

2018/09/28 健康のために運動を始めたのに逆効果の場合って?


西ヶ原駅徒歩3分・一里塚交差点前

 

あすか鍼灸接骨院の重村です

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 

最近は健康志向も高い人が多くなってきています。、

 

患者さんの中にもウォーキングなどを始めたり、毎週ジムに通ってトレー二ングをする習慣の方も多いです。

 

しかし疲れていたりどこかに痛みがあるけども、健康の為にと無理をしているケースが時々あります。

 

せっかく頑張っているのに、それが逆効果になることも…

 

今回はそんなお話をお伝えしたいと思います。

 

 

久しぶりに来院された60代女性患者さんのことです。

 

介護のお仕事でお忙しくされているMさんは、以前に膝の痛みで通院されていました。

 

膝はその後も調子はよかったのですが、2ヶ月くらい前から動作時に左のお尻から太ももにかけての痛み、さらにふくらはぎから足先にかけてのしびれが出てきたとのことでした。

 

そして、2週間前からは痛み、しびれが強くなったので来院となりました。

 

実際に診察していくと、腰回りを含め症状の出ている左のお尻や太もも、ふくらはぎの筋肉に強いハリがあり、今回の症状である痛みやしびれの原因になっていました。

 

さらに、最近の日常の過ごし方などを伺っていくと、毎週土日にジムに通っているとのことでした。

 

膝の調子が良くなってから、運動のために約1年前から始められたそうです。

 

土曜日は軽く体を動かして、日曜日は少しハードなトレーニングとその後に水泳をされているお話しでした。

 

Mさんには、今のお体の状態からすると、もしかすると週末のジム通いが少しずつ体にとっては負担になっているのかもしれないことをお話ししました。

 

それぞれのメニューや体を動かすことが悪いのではありません。

 

トレーニングも水泳も健康的な体を維持するためにはとても有効なものです。

 

しかし、やり方やタイミングによっては、良かれと思ってやっていることが体の負担につながっていることもあるのです。

 

Mさんも「膝が良くなり、動けるようになったので頑張っていました。少々疲れていても運動したほうが良いと思っています」と苦笑いでした。

 

このような感覚は誰にでもあると思います。どこかに痛みや不調があると、運動して良くしようと考えます。

 

来院される患者さんの中には「痛みは筋肉が落ちたせいだ!」と思っている方も少なくありません。

 

しかし、体に起こっている痛みなどは、疲労の蓄積や筋膜の歪みや拘縮などで、筋肉の伸び縮みが上手く出来なくなることで引き起こされることがほとんどです。

 

トレーニングなどで体に負荷をかけることは、筋肉を縮める動きの繰り返しなので、余計に緊張が起こり硬くなる可能性があります。

 

Mさんの今の状況からすると、毎日お仕事で長時間パソコンを使っての事務作業。

 

そんな状況の繰り返しなので、体の筋肉は凝り固まり、長時間座って作業しているため姿勢が丸くなりがちで筋膜の歪みも起こっている状態で週末にトレーニングをすることで緩めようとしてもなかなかうまくはいきません。

 

元々、体を動かすことが好きなMさん。

 

運動を控えることに少し抵抗がある様子でしたが、まずは、運動しやすい体作りを行い、それを維持するために運動をするという意識を持ってもらうところからスタートしました。

 

自宅ではお風呂などでしっかり体を温めて血流を良くすることをお伝えしました。

 

そして、何度か治療した後に状態を伺うと、

 

「痛みも軽くなりしびれはなくなりました」と少し安心した様子でした。

 

 

誰しも、体の状態を良くしようと運動をしたり、体を鍛えようとします。

 

その考えは決して悪いのではありません。

 

でも調子が悪い時は、悪くなる原因があります。

 

どうしてそうなってしまったのか自分の体と向き合い上手に付き合っていきましょう。

 

 

今回 M さんは上位交差性症候群と下位交差性症候群、大腰筋の緊張が組み合わさりしびれが出るまでになっていました。

 

 

猫背の原因は上位交差性症候群?

 

反り腰の原因は下位交差性症候群?

 

腰の痛みと大腰筋の関係性

 

 

上の3つは過去のブログですので気になる方はのぞいてみてください。

 

 

このような症状を抱えている方はたくさんいらっしゃいます。

 

思い当たることがあればお気軽にご相談ください。

 

 

 

その他にも疑問などあればお気軽にご相談ください

 

あすか鍼灸接骨院では1人1人に対して治療メニューを作成しその人に合った施術をしていきます。

 

お気軽にご相談ください!

 

 

あすか鍼灸接骨院

〒114-0024

東京都北区西ケ原2-33-15

グランジャハイツ101

03-5961-3121

 

交通事故・労災・各種保険取扱い

酸素カプセル・筋膜調整・発火頻度調整・骨盤矯正

交通事故治療・むち打ち

その他、疑問などあればお気軽にご相談ください

 

来られる患者さんは

北区 西ヶ原・滝野川・王子・上中里・中里・田端・堀船・十条・十条台

豊島区 駒込・巣鴨・西巣鴨・大塚・池袋・雑司ヶ谷

文京区 本駒込・千駄木・向ヶ丘・白山・小石川・千石

板橋区 板橋・仲宿・加賀・稲荷台・本町

埼玉県 川口市・戸田市・蕨市・和光市

などの近隣から通われている方が多数いらっしゃいます。

 

 

南北線西ヶ原駅から徒歩3分

JR京浜東北線王子駅から徒歩7分

JR京浜東北線上中里駅から徒歩10分

JR山手線駒込駅から徒歩15分

都営三田線西巣鴨駅から徒歩13分

コミュニティバス王子駒込循環 一里塚バス停から徒歩30秒

 

 

TOP