春バテってご存知ですか?

あすか鍼灸接骨院

03-5961-3121

〒114-0024 東京都北区西ケ原2-33-15 グランジャハイツ101

[ 診療時間 ] 平日 9:30~12:30・16:00~21:00 / 土曜 9:00~15:00(昼休みなし)
[ 定休日 ] 日曜、祝日

lv

春バテってご存知ですか?

ブログ

2018/04/07 春バテってご存知ですか?

西ヶ原駅徒歩3分・一里塚交差点前

 

あすか鍼灸接骨院の重村です

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-24

 

今年は寒暖差が激しく新生活の緊張から、春特有の心身の不調「春バテ」を感じる人が多くいます。

 

今回はそんな春バテの原因と対策についてご紹介します。

 

 

原因①激しい寒暖差

春は、身体が寒暖差に対応するため、交感神経が優位になりっぱなしになり、相当量のエネルギーが消耗されるため、「疲れ」や「だるさ」を感じやすくなります。また、冬から春になり、ファッション面でも薄着になる機会が増えることで身体が冷えやすくなり、血のめぐりも悪くなります。

 

原因②気圧の変化

移動性高気圧が次々にやってきて低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わるこの時期、自律神経の切り替えがうまくいかなくなりがちです。また、低気圧になると、血中の酸素濃度が下がり、昼でも眠くなったり、身体がだるくなったりします。

 

原因③生活環境の変化

春は、卒業や入学や進学、転勤、異動、新生活のスタート、育休後の復職など、自分や身のまわりの生活が大きく変化する季節。知らず知らずのうちに緊張感やストレスが生じることで自律神経が乱れ、春バテしやすくなります。また、ここに花粉症などの体質的要因が加わると、新生活によるストレスと花粉症によるストレスが重なり、精神的なダメージも受けやすくなります。

春バテの予防と対策

春バテの対策には、自律神経を整え、交感神経と副交感神経の切り替えを適正かつスムーズに行うことが大切です。ストレスをためずにリラックスを心がけ、服装などで温度調整をするといいでしょう。

もしも冷えてしまったら身体を温めるようにすると予防になります。

基本的な予防策としては首元を冷やさないようにすることと、蒸気のアイマスクなどで目元を温めてあげたり、40度くらいのお湯にゆっくり入浴し身体を温めるなどするととても効果的です。

予防策を見てわかると思いますがこれはすべて血流を良くする行為です。

血流を良くし自律神経のバランスを整えることで春バテを改善していきます。

そして血流の改善にとても効果的なのが

酸素カプセルです

酸素カプセルを利用して調子を崩す前に体調管理をしましょう。

sli_02

春バテを放置してしまうとそのまま五月病➔梅雨バテ➔夏バテ➔秋バテと続いてしまうと1年中だるい症状が続いてしまうかもしれません。

ちょっとだけだからと我慢せず、しっかりケアしていきましょう。

 

あすか鍼灸接骨院では1人1人に対して治療メニューを作成しその人に合った施術をしていきます。

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e7%94%a8100%e9%81%b8%e3%83%ad%e3%82%b4

 

☎03-5961-3121

 

 

あすか鍼灸接骨院

 

交通事故・労災・各種保険取扱い

酸素カプセル・筋膜調整・発火頻度調整・骨盤矯正

交通事故治療・むち打ち

その他、疑問などあればお気軽にご相談ください

 

来られる患者さんは

北区 西ヶ原・滝野川・王子・上中里・中里・田端・堀船・十条・十条台

豊島区 駒込・巣鴨・西巣鴨・大塚・池袋・雑司ヶ谷

文京区 本駒込・千駄木・向ヶ丘・白山・小石川・千石

板橋区 板橋・仲宿・加賀・稲荷台・本町

埼玉県 川口市・戸田市・蕨市・和光市

などの近隣から通われている方が多数いらっしゃいます。

 

 

南北線西ヶ原駅から徒歩3分

JR京浜東北線王子駅から徒歩7分

JR京浜東北線上中里駅から徒歩10分

JR山手線駒込駅から徒歩15分

都営三田線西巣鴨駅から徒歩13分

都営荒川線飛鳥山駅から徒歩4分

コミュニティバス王子駒込循環 一里塚バス停から徒歩30秒

TOP