腰の痛みと正しいコルセットの装着方法

あすか鍼灸接骨院

03-5961-3121

〒114-0024 東京都北区西ケ原2-33-15 グランジャハイツ101

[ 診療時間 ] 平日 9:30~12:30・16:00~21:00 / 土曜 9:00~15:00(昼休みなし)
[ 定休日 ] 日曜、祝日

lv

腰の痛みと正しいコルセットの装着方法

ブログ

2017/12/28 腰の痛みと正しいコルセットの装着方法

東京都北区のあすか鍼灸接骨院院長重村です。

 

当院のブログを見ていただきありがとうございます。

 

 

今週に入り予想通りぎっくり腰の患者さんが何人も来院されています。

 

年末で治療に通えず対処しなければならない方必見(^_^;)

 

コルセットについて今回はお話ししたいと思います。

 

できればきちんと治療してもらいたいのですが・・・

 

ではご覧ください。

 

腰痛で悩む男性

 

仕事で重いものを持つ機会が多い方や姿勢が悪い人、運動不足などが原因で腰痛を引き起こすことが多々あります。

 

腰痛への対処法として、まず簡単なのがコルセット。

 

病院で処方される場合もありますが、ドラックストアや接骨院で手軽に入手することもできます。

 

しかし使い方を間違うと腰痛を軽減させるどころか、長引かせてしまう場合もあります。

 

コルセットの正しい着用方法と使うメリット・デメリットをしっかり理解し、正しく使用しましょう。

 

 

 

コルセットの正しい装着方法

 

 

よく腰が痛くてコルセットをまいた状態で来院される方がよくいますが、

 

ほとんどの方が意味のないつけ方をしています。

 

【コルセットをしているけれど効果が実感できていない】

 

方がほとんどです。

 

ではどのように着ければいいのか説明します。

 

belt05d

 

よく骨盤に巻いている方がいますが、それは間違えです。

 

コルセットはお腹を締めることが大切です。

 

お腹を締めることにより腹圧が上がり、腰が安定するからです。

 

このとき、コルセットが肋骨に当たらないようにしましょう。

 

肋骨に当たると、お腹がうまく締まらなくなり腹圧が上がらず、腰が安定しません。

 

くびれの所から少し斜め下に向かって着け、

 

その横のゴムをおへそに向かって着けるのが

 

正しいつけ方です。

 

くれぐれも肌の上に直接装着するのはやめてくださいね!

 

 

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-7

 

なので骨盤に巻いても腹圧は高まらないのでもう少し上にしましょう。

 

どんなものでもそうですが、正しい使いかとをしないと正しく効果は出てきません。

 

ただでさえ着けているだけで窮屈なのに、得られる効果が安心感だけでは

 

非常にもったいないです。

 

 

コルセットのメリット・デメリット

breakfast-buns-workout-featured

メリット

痛みの軽減

コルセットは、腰回りの筋肉の代わりに腰を支えるために使います。

弱った筋肉や、痛みのある筋肉への負担を軽くする効果があり、腰痛が軽減されます。

腰痛の軽減がコルセット最大のメリットですが、他にも良いポイントはたくさんあります。

姿勢の安定

コルセットで骨盤を締めることにより、骨盤がグラつかずに姿勢を矯正することが可能です。

そうすることで体の動きが楽になったり、深い呼吸が出来るようになったりと、体に嬉しい効果があります。

下腹部の保温

コルセットで腰全体を覆うことで、下腹部を常に保温することができます。

腹巻とは違い、特別温める効果が高いというわけではありませんが、一枚覆われているだけでも体感温度は変わるので、冷え予防にも効果的です。

薬を使わない

コルセットなら、湿布薬や外用薬を使わずに腰痛の軽減を期待できるので、薬特有の匂いを気にすることはありません。

 

 

デメリット

筋肉を弱らせる

コルセットは基本的に痛みがあるときにのみ使用します。

筋肉をサポートするために使用するので、通常の状態で使う必要はありません。

腰痛の予防として使ったり、腰痛が完治したあとに使い続けると、腰回りの筋肉がコルセットにより支えられた状態になってしまい、筋肉本来の力を発揮できず弱まってしまう可能性があります。

筋力が衰えてしまっては、腰痛が悪化してしまうのは明らかです。

動きの制限

コルセットによっては、金属プレートのような硬い素材で体をサポートするものもあります。

そのような強力に固定する力のあるコルセットでは、その分身体の動きも制限されてしまいます。

つまり、固定されていない他の部位への負担が増加することになります。長期間この状態が続くと、負担が増加した部位が炎症を起こしてしまうこともあります。

着用の難しさ

正しい位置に着用しなければ炎症のリスクはさらに高まり、本来メリットであるはずの筋肉を支える効果さえ得られなくなってしまいます。

コルセットのメリットとして保温効果をあげましたが、腰痛を引き起こした原因によっては、冷やして治療する場合もあります。

治療法を誤っていた場合、腰痛は長引かせてしまったり、悪化させる可能性もあるので、必ず相談してコルセットを着用してください。

 

 

あくまでコルセットはサポートなのでコルセットに頼らず生活できるようにしましょう。

 

着用し続けることによって筋力が低下しより腰痛がひどくなることもよくあります。

 

コルセットがあるから大丈夫

 

と油断せずきちんと治療しましょう。

【関連ブログ】

腰の痛みと大腰筋の関係性

腰痛の原因とそれに合った治し方

ぎっくり腰の原因と対処法

 

 

 

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e7%94%a8100%e9%81%b8%e3%83%ad%e3%82%b4

 

☎03-5961-3121

 

 

あすか鍼灸接骨院

 

交通事故・労災・各種保険取扱い

酸素カプセル・筋膜調整・発火頻度調整・骨盤矯正

交通事故治療・むち打ち

その他、疑問などあればお気軽にご相談ください

 

 

当院には北区以外にも豊島区・文京区・板橋区・新宿区・台東区・足立区・墨田区・葛飾区・中央区・千代田区・港区・品川区・目黒区・渋谷区・川口市・戸田市・蕨市・和光市など東京23区や埼玉県などの近隣から通われる方も多数いらっしゃいます。

 

南北線西ヶ原から徒歩3分

JR京浜東北線王子駅から徒歩7分

コミュニティバス一里塚バス停から徒歩30秒

 

お気軽にお越しください。

TOP